皮膚炎にマスクって逆効果?

スポンサードリンク



こんばんは!夜遅くに更新失礼します!

ずっと毎日更新していましたが途絶えてしまいましたね。笑
まぁこれからも自分のペースでゆっくりやっていきます!

ちなみにyoutubeもやってるので良かったら見に来て下さいね!

【人に見られるのが、苦痛】

さて、タイトルにもありますが、今日は”マスク”について。

顔にニキビや肌荒れ、皮膚炎等の症状があると「隠したく」なりますよね。
もちろん僕もそうでした。

僕は顔全体に症状があったので、なるべく隠そう隠そうとしてました。

額は前髪を下ろして、鼻、頬はマスク、首はマフラー…etc
とにかく人に見られるのが嫌だったので、ありとあらゆる所を隠してましたね。

皮膚炎の症状がない方からしたら、「そんな誰も気にしてないって!」とよく言われる(多分これは悪気があって言ってるんじゃないと思います。励ますような感じで言われる事が多い)のですが、それは僕自身も分かってるんですよね・・。

誰も自分をそんなに見てないだろうって。
でも、気になるんです。目線が。
こういうのは、実際起きている問題ではなくて、自分自身の、“心”の問題”だと思いますね。
悪く言えば「被害妄想」みたいなものも、一時期あったと思います。

皮膚炎は、マジでメンタルをやられますよね・・・。

【隠すのは、NG?】

そんなありとあらゆる部分を隠していた僕。
紺人的な感想ですが、マスクや髪で隠すのは「肌にはあまり良くなかったな。」と今になって思いますね。

まず、前髪。これ、本当良くないです。

額にも症状があったので、目にかかるくらいの長さに伸ばして、出来るだけ額を見せないようにしていたのですが、髪の毛が肌に触れる度痒い痒い。超絶、痒い。

その痒みを我慢して前髪を下ろしていたんですが、あれは肌に良くなかったなー。
結果的に痒みを我慢できずに掻く&髪の毛が肌へ刺激となって悪化、のW攻撃でしたね。苦笑

僕はその経験から、前髪はなるべく短くして額にはかからないようにしているのですが、最初は勇気が入りました。
赤く腫れた&リンパ液が固まった肌を見せないといけないですしね。
でも、そうする事で肌への刺激が減って結果的に良くなったので、あの判断は間違ってなかったなと感じています。

そして、マスク。これも僕的にあまり肌へは良くなかったなと感じてました。
(といいつつ、症状が酷い時はマスクをしていないと外に出れなかったので、結構していましたが)

マスクをすると保湿されるので、赤みが増すんですよね。それが本当嫌でした。
それと、冬場だとマスクをしている時は良いのですが、外すと保湿されていた頬の部分が一気に乾燥して痒くなったりしていました。
あれは辛かったな。

【自分の肌を見ながら調整】

とまぁ色々書いてきましたが、絶対に「前髪を切れ!」とか、「マスクをするな!」と言っている訳ではありません。笑

僕自身も、マスクや髪の毛で隠す事で精神的に落ちつけていた部分があります。

隠す事でストレスが少しでも軽減されるのなら、その方が良い時もあります。
僕も友人と会う時は必ずマスクをしていましたから。

やっぱりコンプレックスを隠せるって、すごく良いですよね。
それは今のメイクにもつながっていると思います。

メイクを始めたのも、ステロイドの副作用である“赤ら顔”を隠すためでした。
隠せた瞬間、凄く気持ちが前向きになれたし、外で前を向いて歩く事ができました。

昼間に堂々と外を歩くなんて、もう一生できないと思ってましたから。

自分の肌と相談しながら、マスクをしたり髪で隠したりするのが良いかと思います。
前向きにいきましょう!(←この考えが一番難しいんですけどね・・・)


美容(メンズ) ブログランキングへ

——————————————————————–
Youtube、Twitterもよろしくお願いします。

●Youtube

●Twitter
——————————————————————–

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です