”食生活”を変えれば、肌は改善するのか?

スポンサードリンク



こんばんは。

今日はタイトルにもあります『食生活を変えれば、肌は改善するのか?』問題について。

結構食生活について質問をもらうので、今日はそのことについて僕なりの意見を書いていきたいと思います。
※僕個人の見解です。

【答えはYes。ただし・・・】

最初に結論から言うと、僕の答えは「Yes」です。
いくら高い化粧水やクリーム等を使っても、食生活がめちゃくちゃでは意味がありません。

PAK0I9A8043_TP_V

どんなに外側からケアをしても、内にある根本的な原因を潰さないことには問題は解決できません。
肌に炎症などが現れるのには色々な人それぞれ色々な原因があると思います。

●ストレス
●食生活
●睡眠不足
●運動不足…etc

肌荒れや炎症の原因が全部食生活という訳ではないので、食べるものを変えれば必ず治るとは言えないですが、少なくとも食生活を正して体にとって悪い、という事はほぼ無いと思います。

僕自身炎症が酷かった時には、食生活には人一倍気を使っていました。

当時実家に住んでいた時、みんなが油物を食べていた時でも自分一人だけかたくなに(笑)食べなかったり、ジュースやお菓子もあまり食べないようにしていました。

ただあまり全力でやりすぎると逆にそれがストレスになってしまったので、ほどほどが良いと後で気づきましたが(笑)

という訳で、僕の答えは「Yes」です。

ただし、食生活を含め”体の内側から改善すること”が全てでは無い、という事も言えると思います

【改善したキッカケがパウダー】

今まで僕は色々なものを試してきました。

ステロイド、漢方、ビタミン剤…

しかしどれも劇的に改善する事はありませんでした。

そんな僕が急激に改善したキッカケは、パウダーでした。

それは僕の炎症の原因が、“過剰な皮脂”によるものだったためだと思います。

その皮脂を抑えてくれるパウダーが、僕の肌には効果テキメンでした。
それまでの炎症が一気に引き、また常に赤かった顔も赤みが大分和らぎました。
僕は昔から皮脂が物凄く出る肌質で、高校生までは特に肌の手入れなどしてなくても綺麗な肌でした。

それが高校を卒業して環境が変わったのをキッカケに、一気に肌の炎症が起こりました。
(環境が変わった事がキッカケになって皮膚炎が発症する事は良くとお医者さんが言っていました。)

image5

その炎症を治めるために、ステロイド治療を始めました。

当初ステロイドは本当に良く効いて、ステロイドのランク(ステロイドの強さ)が低いものでも良く効きました。
それが、段々弱いステロイドのものでは効かなくなり、ステロイドの強さもどんどん強いものを使わざるを得ませんでした。

それまで恥ずかしながら、ステロイドの事は全く分からず副作用についてもほとんど知らず使っていました。

途中ステロイドの事を知り、その副作用(赤ら顔等)が自分に肌に現れることを知り、ステロイドを使わない治療を模索していました。
(結局は自己判断で脱ステに踏み切るのですが。)

でも結局ステロイドを使わないとなると、食生活、ストレス、睡眠、運動・・・あとは漢方やサプリメント、といったものになっていくんですよね。

色々と試しましたが、劇的な効果はどれもありませんでした。

それが、1000円もしないパウダーを使うことでこんなにも改善されるなんて、本当に夢にも思ってませんでした。
(それまでどれほどのお金をかけてきたか・・・泣)

【”自分に合った方法”を見つける作業が必要】

それまで本当に色々な方法を試してきたし、けどどれも効果があったとは言いにくく、もう一生こんな肌で生きていくんだ・・・と絶望していたんです。

そんな時薬局でアクメディカのパウダーを見つけ、パッケージに「皮脂を抑えてくれる」という事が書かれていたので半ばヤケクソになって買ったのを覚え
ています。

多くの病院では、プロペトやヒルドイドクリームを処方され、医者には「保湿をしっかりとするように」といつも言われていました。

ヒルドイドソフト軟膏

なので僕は”保湿をする”という事が皮膚炎を改善するには当たり前で、必須項目なんだと思い込んでいたんです。
まぁでも思いますよね。医者に言われているんですから、そりゃ信じますよ。笑

でも一向に改善しない。

むしろ保湿すると逆に顔が赤くなって、夜中無意識のうちに顔を掻いてしまって翌朝リンパ液&血だらけ。
そんな毎日でした。

だからもう反発したくなったんですよね。
「どうせこんな肌なんだから、もう逆に医者のいう事とは間逆の事してやろう。」と。
そういう考えがあったと思います。

結果的にそのパウダーが皮脂を強制的ですが抑えてくれて、使い続けることで皮脂による炎症も防ぐことが出来ました。
炎症が治まると、赤みも少しずつですが少なくなっていきました。

当時はパウダーで皮膚炎が改善する、なんて事聞いた事がありませんでした。
ネットで調べても「保湿」をする事が重要、という記事ばかりでしたから。
なので「自分の肌に合った方法を見つける」、コレが一番重要なんだと気づかされました。

いくらネットで「これが良い!」という情報でも、自分にとって合っていなければ全く意味がありませんからね。
(その方法を見つけるのが本当に苦労するのですが・・・。)

【体の内側+外側から変えていくのが理想的】

僕の肌の炎症を抑えてくれた大きな要因はパウダーなので、それからずっとパウダーを使った生活でした。
(いっときは、寝ている時もパウダーを使っていました。)

ただしパウダーを使っていればどんなにめちゃくちゃな生活をしても大丈夫だったか、というとそうではありません。

やっぱり油物を多く摂りすぎると赤みが出てきたし、睡眠不足になるとリンパ液が出てくる日もありました。

なので理想は外側からケアしつつ体の内側からも改善させる事が理想的だなと思いました。

炎症がほとんどなくなった今でも食事、特に油には気をつけてるし、睡眠も充分摂るようにしています。

それプラス、皮脂を抑えるために皮脂抑制の下地を使ったり、あとはステロイドを使いすぎて皮膚が薄くなり、外側からの刺激(花粉やホコリなど)に敏感になってしまったので、メイクをして肌を守るようにしています。

このおかげで肌がカブれる事なく過ごせています。
ここに書いた事はあくまで僕自身の経験なのでみんながみんなこの方法で改善するとは思いません。

ただ医者やネットの言葉だけを信じるのではなく、自分で色々な方法を試すことも大切なのかな、と思います。

自分に合った方法を見つけるのは非常に難しいですが、諦めないで欲しいと思います。

———————————————————————–
●ブログが更新されると、LINEに通知が行くので便利です。是非読者登録を!

●Twitterもやってます。

●Youtubeもよろしくです!

———————————————————————–

スポンサードリンク



3 件のコメント

  • 記事いつも拝見しております。
    先日の記事にてパウダーを使ってみたとコメントしたものです。
    使用して2ヶ月ほど経ったのですが、ステロイドを使ってなかった為か、
    比較的早く粉吹きや鱗肌もほぼ改善され、稀に起きる不摂生な食生活による脂漏性の発症以外は症状は落ち着きました。
    本当に有難うございます。
    また質問になってしまうのですが、症状が落ち着いてからもパウダーは塗られていましたか?
    お忙しい中、恐れ入りますがご返信お待ちしております。

  • >しゅんさん

    お久しぶりです!お元気ですか?

    粉が吹いて悩んでらっしゃったので、その後の事が気になっていました。
    でも早くに改善されたようで、良かったです!

    僕も今でもそうですが、やはり食生活が荒れると今でも肌の状態は悪くなりますね。
    まぁこれは皮膚炎を持ってる方だけではなく、普通の肌の方もそうですよね。笑

    症状が落ち着いたように見えても、パウダーを使わずに過ごした日が何日か続くとまた悪化したりといった事がずっと続いていたので、就寝時についても結構長い間使っていましたね。
    (これは僕がステロイドを長期しようしていた事も関係していると思うのですが)

    なのでしゅんさんも、徐々にパウダーを使う日を減らしていってみてはどうでしょうか?
    1日置き、それで調子が良ければ2日置き、など。

  • >しゅんさん

    暑さ本当に半端ないですよね・・・苦笑

    皮脂を抑える点ではチャコットも同じなので、しゅんさんに合えば良いのですが。
    また報告待ってます(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です