医者に全てを委ねるのではなく、自分の意見を言う事も大事。

スポンサードリンク



こんばんは。
今日はタイトルにあります、「医者に自分の意見を言う」事の大切さについて書きたいと思います。

これは僕が実際に数十件病院を回ってきて実感したことです。

【医者に対して自分の考えを言うなんて出来ない】

僕はそれまで、完璧なる“受け身”に徹していました。

様々な病院を回って色んな診断をされて医者から色んな話をされても、新しく行った病院ではその医者が言う言葉に「はい、はい。」とただ聞くだけでした。

OZP73_okusuridasimasyouka20140321_TP_V

「どんな薬を使っていたか」とかは聞かれる事もあったのでその事については話す事はありますが、前の病院でどういう話をしたか、等は喋りませんでした。

ましてや“自分の意見”なんてものは言う事は絶対にありませんでした。

何故なら、相手はプロ。

僕みたいな素人の意見なんて欲していないだろうし、向こうは何千という患者さんを目にしてきているのだから、僕自身の意見なんて言う事は出来ませんでした。

【自分の意見を言ってみる】

病院では自分の話をあまりしなかった自分ですが、あまりに同じ処方が多く全く改善もしないので、勇気をだして徐々に自分の話をしていくようになりました。

皮膚炎になったキッカケ、どういう事を今まで試してきたか、こういう薬を試したい、など、もしかしたら医師にとっては必要では無いかもしれない事も、詳しく話すようになりました。

特に治療法に対して自分の意見を言う事は大切だと実感していて、
僕の場合は「ステロイドをあまり使いたくない」というと、非ステロイドの薬を処方してくれるお医者さんもいました。

「脂漏性皮膚炎という症状に僕は似ているのですが、これなんでしょうか?」と言うと、真菌(カビ)が肌にいるのか調べてくれる病院もありました。

結果的に検査の結果は「菌無し」と診断されたのですが、皮膚炎の原因の1つを潰せた事はとても大きな事だと感じました。

自分の意見を言うのはちょっと勇気が必要ですが、とても大切なことです。

【患者の意見を聞き入れない医者には用なし】

それから僕自身の意見を医者に対して言う事が多くなりましたが、中には全く僕の言葉に聞く耳を持たない医者もいました。

喋っても相槌を軽くするだけだったり、反応してくれるならまだしも普通にスルーされたりもありました(笑)

「こっちはプロなんだから、素人の意見は聞いてねえんだよ」的な事なんでしょうかね?笑

確かにそれはそうなんですが、患者さんに対してそういう扱いをする病院は見限った方が良いと思います。時間の無駄です。

そういう病院の診察って、ものの数分で終わるんですよね。苦笑
肌もチラっと見るだけ。
今までどういう治療をしてきたか、とかどういう方法を望んでいるか、とかも全く聞かない。

僕ら患者は医者の言う事をただただ従順に聞いてれば良いんだ、とこちらが受け取ってもおかしくありません。

そんな病院、こちらから願い下げですよね。
さっさと診察を終わらせて、新しい病院を探しましょう。

【自分に合った病院を探す】

自分の意見を言わないと、お互いにとってマイナスになると思います。

患者の僕らは自分の思った治療を受けることが出来なかったり、また医者にとってはその人がどんな治療を受けてきたか、どんな薬を使ってきたかが分からないと、また同じ処方をしてしまう可能性が出てきます。

意見を言うのは勇気が要ることですが、決して恥ずかしい事ではありません。
間違ったことを聞いても良いんです。
こちらは素人なんですから。

中には耳を傾けてくれない医者もいますが、親身になって相談にのってくれる医者もいます。

そういう病院で治療を受けることが出来る人が増えると良いな、と思います。
———————————————————————–
●ブログが更新されると、LINEに通知が行くので便利です。是非読者登録を!

●Twitterもやってます。

●Youtubeもよろしくです!

———————————————————————–

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です