もしかして・・・自家感作性皮膚炎?

スポンサードリンク



こんばんは!
福岡へのTripから帰還したHamaです。

久しぶりの福岡は楽しかったんですけど、湿疹の方はどんどん悪化してしまって・
特に顔がめちゃくちゃ悪化してしまいました。
痒くて痒くて、頭がおかしくなりそうなくらいでした(笑)

ただ、痒い部分を保湿すると大分楽になりました。
乾燥から来た痒みだったのかな?

とまあそんな福岡Trip(何かと英語にしがち)ですが、その時に顔がどんどん悪化してしまっていたので、
近くの皮膚科を受診してみました。
(セカンドオピニオンの意味合いも含め)

そこで言われたのが、「おそらく“自家感作性皮膚炎”じゃないかな?」と言われました。

【”自家感作性皮膚炎”とは?】

自家感作性皮膚炎とは身体の一部にジクジクした強い皮膚炎ができた後、しばらくして他の部分にまで細かい丘疹(散布疹)が生じる皮膚の病気です。湿疹やかぶれ、やけどなどを治療せずに放置していたり、間違った治療法によりこじらせたりすることで、他の部分までかゆみや皮疹が生じます。そのかゆみは夜も眠れないほど強くなる場合もあります。
(引用:ヘルスケア大学)

受診した皮膚科のお医者さんにも自家感作性皮膚炎の写真とかを見せてもらいましたが、確かに似てる。

僕の場合、腰回りにまず発疹が出来始め、それが上半身に広がり今は足・顔にまで広がってしまっています。
夜に痒くなる所もこの皮膚炎の特徴らしいです。

また原発巣(最初に出来た皮膚炎)と呼ばれる所を改善させないと中々治りにくいらしいです。
僕の場合腰回りになるのかな?

ちなみに治療法は外用ステロイドで炎症を鎮めていく方法が一般的みたいで、受診した皮膚科でもステロイドを処方されました。

僕の湿疹が結構酷かったようで、とりあえず炎症を抑えた方が良いと言われました。
(長く炎症が続く状態だと跡が残る可能性もあるそう)

その先生に、今東京で皮膚科にかかっている事とかを話したんですが、
「どういう症状かも説明せずに、ステロイドの内服まで出すのはどうかと思う
と言われました。

確かに皮膚だけを見て診断するのは難しいのは理解できるんですけど、
福岡のその先生はどういう症状かとかを写真付きで見せてくれたりしたんですよね。
東京の先生はそういうのは皆無。

しかも内服ステロイドも処方されたりしましたからね。
ちょっと不信感が募ってたので、そう言ってもらえて嬉しかったです(笑)

とりあえず今東京に帰ってきた訳ですが、皮膚科は変えようかなと思ってます。
ただ今その皮膚科で血液検査をしてもらって結果待ちなので、それを聞いてから。

他の皮膚科で分かる事もあるかもしれませんしね。
・・・ていうかその間に治ってくれたら一番良いんですがね!

とまぁ今は全身痒くて眠れない日々が続いてストレスMAX!!ですが、食生活等に気をつけて行きたいと思います。

———————————————————————–
●ブログが更新されると、LINEに通知が行くので便利です。是非読者登録を!

●Twitterもやってます。

●Youtubeもよろしくです!

———————————————————————–

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です