【もう皮膚を掻き壊さない!】再購入した「寝るときかかない手袋」

スポンサードリンク



こんばんは!

今日は以前紹介していたものを再度購入したのでレビューしたいと思います。
その商品とは・・・これだ!

寝るときかかない手袋

 

【寝るときかかない手袋って?】

「寝るときかかない手袋」はアトピー性皮膚炎の患者さんのために考えられた、就寝時のかき壊し軽減のための手袋です。

 

アトピー性皮膚炎はかゆみの非常に強い病気です。
かけばかくほど皮膚の炎症が悪化して、さらにかゆみが増してしまいます。

 

寝るときかかない手袋はそんな「かゆみの悪循環」を止めるために開発されました。
かき壊して悪化してしまうことを防ぐことにより、かゆみの悪循環を断ち切り、例え、アトピー性皮膚炎であっても寝るときのかき壊しを心配せずに、ぐっすりと眠ってもらえるようにとの思いを込めてあります。
(引用:公式サイトより)

以前も記事にしていましたが、僕は皮膚炎が酷く夜中無意識に掻き破ってしまう事が多く悩んでいました。
そんな時この手袋をネットで見つけ、それ以来愛用していました。

最近(湿疹が出来る前・・笑)はもう顔を掻き壊す事がなくなって使っていなかったんですが、
みなさんご存知体に大量の湿疹が出来てしまったのをキッカケに、寝ている間に体を掻いてしまうようになったんですよ・・・。

寝る前はそんなに酷くなかった所が、朝起きると掻き破ってしまっている時が頻発したので再度購入してみました。

 

【どんな商品?使い方は?】

この手袋の使い方は簡単です。
ただ手にはめるだけ。
説明書なんていりません←

アトピーを初めとした皮膚炎の人は分かるかと思いますが、
日中よりも”夜”が怖いんですよ。

何故なら“無意識”に掻いてしまうから。

痒みが強くても起きている日中であれば何とか我慢出来る時もあるんですが、寝てしまうともうどうしようもないんですよね。
掻きたくなくても掻いてしまっている状態な訳です。

そして朝起きると布団や枕に血やリンパ液が付いている・・なんて事がよくあるんです。
僕もそうでした。

それを軽減するために就寝時にこの手袋を利用します。

この商品は本体の手袋とバンドが付いて来ます。

手袋の手首部分にバンドを通す所があるので、そこに通します。

普通に手にはめただけではすぐ取れてしまうのですが、
バンドにはマジックテープが付いていて止める事が出来るようになっています。

僕は今までガムテープを両手首に巻いて縛って寝ようとした事がありました(笑)が、
まぁ眠れないですよね(笑)
その点これは手袋をしたような感覚だけなので眠りのさまたげにならず快適に眠れます。

あと注目なのは素材の柔らかさ。
綿100%ですごく柔らかいです。肌触りが凄く良いです。

2重になっているので、例え掻いたとしてもかなりダメージを減らす事が出来ます。

公式HPにも書かれていますが、洗うと多少縮みますが僕はあまり気になりませんでした。
使っていると生地の柔らかさは減っていきますが、それでも1年以上は持ちましたね。
そう考えるとかなりコスパは良いかと。

 

【夜中の掻き壊しにはかなり効果的】

最初見た時、正直「こんな手袋もどき(ひどい言い方)で掻き壊しが減る訳ないじゃんか」と思ってました。

ていうのも、何度か手袋をして寝た事があったんですよ。
でも結局朝起きると両手の手袋は遥か彼方に飛んでいってしまい、何の役にも立ちませんでした。

なのでこの手袋も一緒だろうなーと思っていたんですが、
手袋自体が柔らかいのとマジックテープの効果で朝まで外れなかったんですよ。
そのおかげで夜中の掻き壊しによる皮膚の悪化がかなり減少しました。
これはマジで嬉しかったです。

今回は顔ではなく体の掻き壊し対策で購入して今使っていますが、やはり良いですね。

いくら爪を短く切っていても、夜中ずっと無意識に掻いているみたいで翌朝血が出たりしてたんですが、それがなくなりました。

掻き壊しが減ると痒みも少しずつですが減ってきました。
今は痒み止めの薬を飲まずに寝る事が出来てます。

掻き壊しによる炎症や悪化に困っている人には是非使ってみて欲しい商品ですね。
ハマちゃんオススメです。

てな訳で今日は”寝るときかかない手袋”を再度購入してみた!の記事でした。
それではまた更新しまっす!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です